<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ベトナム行き2

ベトナムに行くなら、ずっと行きたかった町があった。
f0213602_14324977.jpg


ベトナム中部のホイアンという町。
ずっと行きたかった、なんて言ったら、言いすぎかもしれない。

ただ深夜のNHKでホイアンの映像を見て、

こんな町で暮らすことができたら、
あるいは自分の目で見ることができたら
どんなに幸せだろうと思ったのだ。
f0213602_22384026.jpg

f0213602_1443397.jpg

f0213602_14333069.jpg


まさか自分が本当に行けることになるとは思ってもみなかった。
ため息がでるほど美しい町だったので、そのぶん遠い存在に感じたのだ。
f0213602_17222110.jpg


ベトナムはハノイ(北部)-ダナン(中部)-ホーチミン(南部)の
3都市をめぐったけれど、
私にとってはハノイもホーチミンもおまけにすぎない。
直行便がないからハノイ経由になった。
ハノイに戻ってもしょうがないから、ホーチミンを経由して帰ることにした。

海外旅行をアレンジするときに
いつも思うのは、ほんとうに素敵な場所には
飛行機一本ではなかなか行けないものだということ。
限られた時間とお金を調整しながらプランを組み、
いくつも街を乗り越えてようやくたどり着く。
f0213602_1434185.jpg



黄色い建物の中は、
中庭がある構造になっている。
f0213602_14344159.jpg


家の横には細い路地がのび、
そこからは生活の場がみてとれた。
f0213602_1435241.jpg
f0213602_14353569.jpg

f0213602_1449254.jpg



夜になれば、ランタンが灯る美しい町並みに変わる。
f0213602_1436518.jpg

f0213602_16364166.jpg



ホイアンは世界遺産に登録された町。
こんな静かで風情ある風景が見られるのは朝早い時間だけ。
午前9時ごろになると、どっと観光客がやってきて、
バイクが通りを走り、観光地らしいにぎわいになってしまう。


ホイアンは観光地化が進んでいるけれど、
そこから少し北に抜けると、
ホイアン川に沿って静かな暮らしをしている人たちに出会える。
f0213602_14363273.jpg


路地を歩いていると、好奇の目で見られていろんな人から声をかけられる。
これだけ観光地に近いのに、驚くほど観光地スレしていない。
酒盛りをしている漁師さんたちには「一緒に飲もう」と何度も声をかけられる。

立派なおうちの前を通ると
女の子たちには写真を撮って!とせびられた。
ハノイやホーチミンではカメラなんて
全然珍しいものじゃないから意外だった。
写真を撮ると、今度は画像を見せて!と寄ってきた。
自分たちが映った写真を見て笑ってる。
私の手に添えられた小さな手がとても温かかった。
f0213602_14371327.jpg

f0213602_14373071.jpg

今日は、女の子は何かあるのかな。
みんなおしゃれしていた。
身ぶり手ぶりでしかわからないので、最後までわからずじまい。

ホイアンでは路地でカラオケが流行っていて、
夕方になると、どこからともなく子どもが
声をそろえてカラオケをしている声が聴こえてきたから
「子どもカラオケ大会」ではないかと勝手に思っているのだが…ちがうか。


男の子はいつもシャイで元気。
f0213602_14381349.jpg



ハノイでは何もかもが殺伐としているように感じた。
その国の言葉で「ありがとう」や「こんにちは」と言ってみても、
何の反応もかえってこない国は初めてだった。

でも、ベトナム中部にあるホイアンはちがっていた。
人はあたたかく町は美しい。
よく見れば、面立ちもちがうように見える。
これはベトナムという国のなりたちとどうやら関係があることを
のちにガイドのタンさんの話から知った。







つづく

ベトナム行き1
から半年以上あけてようやくアップ…。
[PR]
by room2room | 2013-01-08 14:55 | 散歩と旅

武蔵野吉祥七福神めぐり

仕事始めの今日(私は4日スタートでしたが)、

ランチと散歩を兼ねて井の頭公園まで出かけました。

そのついでに、

井の頭弁財天(弁天様)にお参り。


ふむふむ。どうやら武蔵野吉祥七福神めぐりの真っ最中の模様。

だったら、吉祥寺内にある
武蔵野八幡宮(大國様)
安養寺(布袋尊)
大法禅寺(福禄寿様)
も行ってしまおうかと、ランチを忘れてそのまま突入。


何があるわけでもないのだが、
お参りするのが楽しくなってきて、
三鷹駅北口の延命寺(毘沙門天様・寿老人様)&甘酒の振る舞い酒アリ
さらには
武蔵境駅南口の杵築大社(恵比寿様)
と徒歩でぐるっと制覇してきてしまいました。


途中、成蹊前のおされカフェでランチをとりつつ、
全部で4時間のウォーキングでした。


ちなみに別にガツガツ歩かなくても、
200円で乗れる七福神めぐりバスが出ているようです。

さらに、やる気のある方はご朱印スタンプラリーも。
(台紙&お土産等々、各スタンプ300円で4000円近くかかるんですが…汗)

われわれのようにただ各寺社をめぐるだけなら0円+お賽銭です。


途中、開催の寺社以外にもたくさんお寺や神社があってなかなか楽しかったです。


来年も参加しよう。




ちなみに今年のテーマは「歩」ですので、

こうやって、折りを見ては、いろんな土地を歩いてみたいと思います。


携帯を持ち歩かなかったので(だってランチのつもり…)
写真がなくて残念。


1月10日までです。
[PR]
by room2room | 2013-01-07 21:18 | 散歩と旅

2013年謹賀新年

あけましておめでとうございます。



今年のお正月はどっぷり正月気分に浸りました。

年越し蕎麦、紅白歌合戦、初の新幹線帰省、初詣、
おせち料理、お雑煮、お年玉(あげるほう)、
たこ揚げ、箱根駅伝…等々
のニッポンのお正月フルコース!
f0213602_14403948.jpg

1月1日はたこ揚げをしました!楽しかった!


今年のっけからしみじみと感じたのは
「相変わらずのお正月」っていいなあってことでした。

お正月に行われることだけは、
私が子どもの頃から
大雑把にはそんなに大きく変わっていなくて、
それがまるで凡庸で退屈であるように感じていた頃もあったけれど、

今となってはこれからずっと年を重ねていっても
「相変わらずのお正月」を過ごせることを願うばかりです。



物事があまりに早く、大きく変わる世の中です。

毎日仕事し、生活するなかで感じるのは、
昨日おとといのやり方や考え方に固執せず、
視野を広げて、見識を深め、思慮深くなり、
つねに自分を新しく変えていかねばという強迫観念に似たもの。

それは私を奮い立たせると同時に、震えあがらせるものでもあるのです。



そんななかで、
紅白歌合戦や箱根駅伝の「相変わらずやっていますね」な安定感には少しホッとさせられたのです。


お正月は駆けずりまわっていた時間が止まってみえる。
日本人の変わらぬ姿が見えてくる。
そんな時間なのだと気づきました。




不易流行

いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、
新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと。
また、新味を求めて変化を重ねていく流行性こそが不易の本質であること。



また今日から歩き出します。






今年もよろしくお願いいたします。





f0213602_22251755.jpg

[PR]
by room2room | 2013-01-05 16:29