<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

星新一「声の網」

f0213602_15302166.jpg



星新一の世界は、なぜこんなに居心地がいいのでしょうか。

それは何も判断しようとしていないからかもしれません。
登場人物の描写も淡々としていて(というか、ほとんどしない)、
善も悪も、幸せも不幸もなにもかもがぼんやりとしている。
時代も国もはっきりしない。

この<半透明感>みたいなのがいいのだと思います。


んで「声の網」。

ほかの星作品に比べて、少し毛色がちがう気がします。

他の作品に多くみられるような「N氏」などという匿名的な名前ではなく、
池田、江田、津田、斉田っていうふうに
個人名が出て年齢やざっとした経歴が記されている。
(っと、ここで書いて気付いた。みんな田だなあ)

ほかの作品が、無機質感に満ちているのに比べ、
この作品は、これまでに比べてちょっとドロくさい。



「声の網」とは、電話とコンピューターのこと。
電話とコンピューターが人間社会をどんどん浸蝕していく物語を描いています。

端緒は電話です。
電話からの声が、
詐欺、横領、不倫、犯罪をペラペラとあちこちでしゃべるようになる。
最初は盗み聞いて楽しむ程度だったのが、
今度は自分の弱みを握られて、声の命ずるままに行動せざるを得なくなる。

コンピューターは、その人の行動や言動を知り、
そして嗜好や性格までデータとして集めている。
その情報源は、電話での会話や、電話回線によるショッピング、
会社や店舗にあるコンピューターに蓄積された情報。


たとえその声に反発したところで、
コンピューターの情報網で、あっというまに追い込まれて、居場所を突き止められ、
手も足も出ない状態になってしまう。

この本を読み進めていると、
情報というのは、とんでもない暴力にもなり、権力にもなる
とてつもない力をもっていることを思い知らされます。

これが現代に書かれた作品ならば、
なにを今さら感が漂うかもしれませんが、
この作品が書かれたのは1972年。なんと40年前のことです。
インターネットも発明されておらず、
コンピューターもまだまだ影が薄かった時代。

そんな時代に、星新一が予言めいた本を残したことにちょっと驚きます。


この本が、N氏などと使わず個人名で少しリアリティを出していること、
ショートショートではなく、長編として読めるように仕上げていること。

この本は、いわゆるファンタジーとは一線を画するものとして
書かれたのではないかというのは、少し穿った見方でしょうか。
[PR]
by room2room | 2012-05-20 15:27 |

ベトナム行き1

f0213602_1943166.jpg
photo by N.T.

2月にベトナムに行ってきました。

海外旅行はweb日記を書こうと今のところ思っているので、
(手書きの日記は一応書いている)
だんだんと旅の記憶が薄れていっているのに、おののきつつ…。

まあ、海外旅行はちょっとしたイベントなので
そんなふうに考えているけど、
自分の中では最近、国内旅行も海外旅行と同じぐらい、
いやもしかしたらそれ以上、濃くなってきています。国内旅行も記録したいなあ。



他の東南アジア諸国に比べると
人も食べ物も気候もマイルドなはずのベトナムですが、
なかなか苛酷な旅になりました。個人的に。

気がつくと、私の海外旅行は、なぜかすべて11月~3月に集中しています。

というわけで、
いつも帰国するときの成田の風景は枯れ野原な感じで、
東南アジアの青々としたジャングルに比べて
「ああ日本って…なんとも地味だなあ」と残念に思うのですが、


今回に限っては、
「ああ、この冷たい空気がおいしいの」
「この整然とした感じ、快適だなあ」
としみじみと日本の良さを噛みしめました。

ホーチミンの日本人街(できつつあります)で
日本食も食べましたが(弱っている証拠!)、
どれだけ似せてつくってもやっぱりどこか違っていて、
帰ってきてから食べた梅干しや鰹節、醤油、味噌のうまいこと。

ホテルでは、毎日バスタブに入っていたので
お風呂には飢えていないつもりでしたが、
やっぱりね、帰って入ってみると日本のお風呂はちがうのよ。全然。
お肌への感触がね…水がちがうの…。

旅先では、日本人の若い看護師さんにもお世話になったのですが、

気候も言葉も習慣も違う土地で
こうしたニッポンのお嬢さんたちがてきぱき働いているのは
涙が出るほど助かると同時に、
なんだかいろいろ心配になってしまうのでした(老婆心)。

いやいや、おそらく皆さん好んで海外にいるのですから、
日本の慌ただしい職場で働くことのほうが
ずっと憂うつだったりするのでしょうが。

羨む前に心配が先だってしまうなんて、保守化が着実に進んでいる証かもしれません。


その国について考えるという意味では
今までの旅の中でいちばん強かったように思えます。

それはベトナムのたどってきた厳しい歴史ゆえかもしれませんし、
社会主義国のなのにまるで資本主義国にしか見えないという
どうにも東南アジア的な?ゆるさが興味深かったからかもしれません。


ベトナムは今、急激な成長期の真っただ中にあります。

車で通った北ベトナムの村は
家も路も排気ガスや土埃をたっぷりかぶった感じで、
しかもバイクや車の行き来だけはやったらと多いという、
殺伐とした風景が続きました。
風景的には中国に近いのかな。行ったことはないけれど。

東南アジアを旅すると、
田んぼとヤシの木だけで、
たとえ電気すら十分でないような村でも
なぜか羨ましくなったものですが、

北ベトナムはそんな気も起こらず、
「こんなところには暮らしたくないな」という思いがよぎり、

ここに暮らす人は、
嫌気がささないのだろうかと
失礼なことをつぎつぎ勝手に想像し、
寒々とした思いにかられましたが、

ベトナムの人をずっと見ていると、
たぶんこの人たちは、
そんなことは考えもしないのではないかと
これまた勝手に結論にたどり着きました。

それは成長のまっただ中には、
風景が寒々しいとか
町が整備されてないとかは
意外と気にならないのではないかという推測。


ベトナムは子どもの人口比率が高くて、
そのために学校が足りなくて、午前と午後の二部制にしているそうです。

それに比して、街で見かけるおばあさんはものすごい老け方で、
ベトナム戦争、中越戦争と
乗り越えてきた時代の苛酷さを感じずにはいられません。


この国はたぶん、
これから良くなっていくだろうことのほうが多い。

だからきっと

自分たちはほんとうに幸せなのだろうか

なんてことは考える必要がない。


そんな気がしました。


f0213602_197273.jpg




たぶんつづく
[PR]
by room2room | 2012-05-16 19:11 | 散歩と旅

砂糖の世界史

『砂糖の歴史』川北稔著(岩波ジュニア新書)
f0213602_1753222.jpg


砂糖、コーヒー、紅茶、チョコレート――

19-20世紀にかけて人類を魅了してやまなかった
「世界商品」にスポットを当てて
奴隷貿易、植民地、プランテーションがどのように進められたかが語られます。

とくに、砂糖。
ヨーロッパ列強による砂糖きびの発見が
本格的な奴隷制度の成立に拍車をかけたといいます。

そして、砂糖に付随して、
コーヒー、カカオ、紅茶の栽培に
植民地のプランテーションは広がり、
これらの嗜好品は、支配階級の豊かさの象徴として
ティーパーティなどで重用されたといいます。


ちなみに、
フランスでカフェ文化が花開いたのはコーヒーの輸入に成功したから。

イギリスも最初はコーヒーを輸入していましたが、
東インド会社が成功して紅茶の輸入はスムーズだったので
だんだんと紅茶に移行していったようです。

紅茶は家で淹れやすいけど、コーヒーは家で容易には入れられなかった。
このため、フランスではカフェ(コーヒー・ハウス)が発達していったようです。
そしてそこは人々の情報交換の場であり、言論の場となっていきました。


こんな小洒落たことがヨーロッパで繰り広げられている一方、

アフリカ大陸からは何万もの奴隷がアメリカ大陸に運ばれて
砂糖生産のために、苛酷な労働を強いられてきたわけです。

ちなみに、
>19-20世紀にかけて
って書いたのは、
20世紀後半から21世紀において
砂糖はすでに羨望の的でなく、悪者になっているから。

砂糖を減らしてダイエットに成功することがハイクラスの人々の象徴であり、

砂糖きびに変わって砂糖大根(ビート)が温帯でも栽培可能になったこともあり、

「世界商品」としての砂糖きびの歴史は終焉に入ったことが
本書の最後で語られます。


奴隷制度もなくなったしね・・・

と、めでたしめでたし、で終わりたいところなのですが、

この本を読んで思い出したのは、

2005年に刊行された『世界ブランド企業黒書』クラウス・ベルナー、ハンス・バイス(明石書店)
f0213602_1754468.jpg



人と地球を搾取する多国籍企業について
社名と、途上国などでの搾取状況について克明に語られている本です。

先進国の若者がこぞってほしがるスポーツブランドのシューズが
インドネシアではわずか数百円で、児童の手によって作られていたり、

ヨーロッパで1リットル約1ユーロで買えるオレンジジュースに対して
産地ブラジルの農民には0.26セント、400分の1の賃金しか払われていない 等々


日常的に身の周りにあふれかえっている世界的ブランドの
搾取の実態があきらかにされています。


世界は大きく変わったようで、
じつは表向きの形を変えただけで、
ほとんど変わっていないのだということが
現実として感じられます。
[PR]
by room2room | 2012-05-14 17:54 |