<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

7/26-27食べすぎ飲みすぎ

この2日間、食べすぎ、飲みすぎな感じ。
家飯がまったく充実していないのは
引っ越しが近いゆえか(関係ないか)。

段ボール20箱が届く。
これで足りるんだっけ・・・・(不安)。
追加注文しようかと思ったけれど、
逆に荷物を減らしちゃってもいいかもしれない。

7/26

ご飯
ツナたまねぎサラダ
納豆

夜@王将
とんこつラーメン
餃子
チャーハン

スパークリングワイン3
ピリ辛きゅうり
豆腐そうめん
柿ピーの柿のみ
サラミチーズ


7/27

サブウェイのBLTサンド
コーヒー


にんじんりんごマンゴージュース

牛乳
こんぶ飴


夜@ビアンカーラ→MISHIMA

編集者のOちゃんと立ち飲み研究会に参加。
白ワイン2
牛肉の煮込み
ポテトサラダ

カヴァ1
赤ワイン3
タコのマリネ
[PR]
by room2room | 2011-07-30 09:04

7/27

調べ物があって、京橋にある警察博物館に行く。

子供がいないのをよいことに
パトカーのドライビングシュミレーションで
遊ぶ。けっこう楽しい。

殉職警察官のフロアはなんか空気が違った。

隠れスポット。(すごく地味)






朝:ジョナサン
おかゆ
梅干し
じゃこ
漬物


昼:
梅そうめん
大根とにんじんとくるみのサラダ

コーヒー
ところてん

夜:
ご飯2
じゃがいもとワカメとネギのみそ汁
生卵
黒豆の玉ねぎドレッシングあえ
冷ややっこ



運動
散歩30分
ホットヨガ 1時間
[PR]
by room2room | 2011-07-28 08:51

7/26 水の中の弱肉強食

朝、見たら、やっぱり死んだメダカは消えていた。



そうか、そうか。そういうことか。


夏休みこども電話相談室を聞いていたら、
ライオンの食べ物について聞いているこどもがいて、
先生が弱肉強食について、ご自分なりの見解を述べておられた。

「弱肉強食ってね、
 弱い動物を強い動物が食べるってことじゃないんだよ。
 だって動物はみんな強いんだ。
 弱った動物を強い動物が食べるってことなんだよ」

と言っていて、
弱肉強食はそんなに怖いものじゃないんだよ~風にフォローしていたが、
これはかえって生存競争の恐ろしさを語っているがな。

「ううむ。生きとし生けるもの、たとえ強くても弱ったら終わりなんだな」


としみじみ。


朝:
スイカ
カルピス


昼:
ご飯
舞茸と昆布と山芋のスープ
納豆
山芋の梅肉あえ
コーヒー

アイスコーヒー
エッグタルト


夜:恵比寿のイタリアンでお仕事関係の人Iさんと
イタリアのビール
白ワイン2
ピクルス
小アジの南蛮づけ
夏野菜のトマトソースパスタ
豚肉&大山鶏の炭火焼



さらに・・・
中野の鳥茂で
赤ワイン3
つくね・レバー


中野の坊主バーで
ジントニック
ウーロン茶



ライターのお友達0氏と美大生T君、
フランスのドキュメンタリーディレクターVさん
の3人で飲む。

Vさんとは二度目の邂逅。

坊主バーの僧侶と話が盛り上がりすぎて、気がついたら朝の5時に。

僧侶のマスターがフランス語ぺらぺらでビビる。
僧侶ってやっぱり語りに安定感があるね。
日々の精進だろうか。

あと、鳥茂のママもすごい強烈だった。

恵比寿から中野まで
今日はすごい人にたくさん会って、
なんだか自分の精進不足を実感した。
[PR]
by room2room | 2011-07-27 12:35

7/24 わたしはメダカ殺し・・・

子メダカを入れているバケツの水が
なぜか緑色になってきたので、緊急避難させた。

ら、1匹しんじまったよぉ。。。


どうやら網ですくって移動させる行為が
大変なストレス?を与えたらしい。


子メダカ 5匹 …ちなみに子メダカは一時は10匹以上いたが自然淘汰された。。。
親メダカ 4匹 …はじめは6匹、2匹失踪。


ご臨終のメダカは体長3ミリぐらい。
どうしようかなあ・・・。

明日あたり無くなってるんじゃないかしら。うふふ・・・・。



朝:
スイカ


昼:
梅そうめん
豆のサラダ

カフェラテ


夜:
ご飯
鮭の塩焼き
ニンジンサラダ
納豆
白ワイン


カルピスもどっかで飲んだ。

夜食:
米粉パン バターつき

…つい。




家ご飯は粗食でいく。
ダイエット目的と、めんどうくさいため(爆)。
[PR]
by room2room | 2011-07-25 18:10

7/23

高校時代の友達んちに行く。
のんびり楽しい時間をすごさせてもろた。
7か月の赤ちゃんかわゆす。将来楽しみ。

明日から仕事再開の決意をしつつ帰途。


有吉佐和子の『青い壺』読了。
平凡な磁器作家がたまたま優れた砧青磁の花瓶を作り上げてしまい、
その花瓶がいろんな人の手を転々とし、その人生模様を垣間見る。
そこらへんの展開はたいして面白くないのだけど、

後半でこの花瓶を手にした、有閑階級の老婆が、
誇り高き女学生だったころの同級生10数名と
50年ぶりに集まって京都に団体旅行に行く話は秀逸。

そのあとの病院の掃除婦をしていて、
入院患者のお見舞いのバラを枕にして眠る貧しい老婆の話も面白い。


――有吉佐和子は、ババアを描かせると、イヤになるぐらいものすごく生き生きと描く。


前に古本屋で買った『三婆』という、
急逝した金持ち旦那の本妻と、妹と妾が(みんな婆)
同じ敷地内にいがみ合いながら住む話もすごく面白かった。


おそるべし女の老境・・・。


なんだか好物の通俗小説ばっかり読んでしまった1週間だった。



朝:
米粉パン バターつき
きゅうりと小豆のサラダ 玉ねぎドレッシング
スイカ
コーヒー


昼:大塚の洋食屋
チキンのトマトソース
ご飯
サラダ
コーヒー


おやつ:友達んち
ストロベリーリーフティ
くずきり



夜:
舞茸と長いものスープ
ご飯
きゅうりと小豆のサラダ 玉ねぎドレッシング


運動なし
[PR]
by room2room | 2011-07-24 14:48

7/22

所用で中野。
ついでに中野ブロードウェイを散策。
昭和の香りにむせかえる・・・。
往年のバービー、ジェニーちゃんは懐かしかった。
ここなんかいると思う。

弁護士事務所とかあるし、不思議な場所だ。


昼を食べた丸子亭は
すばらしい店。


中野ブロードウェイの普通めの本屋で
有吉佐和子の『青い壺』を買う。
最近、ほんと数カ月ぶりに本が読める環境になったのだが、
本を読みはじめると日常生活がだめになる。


『お菓子とビール』読了

途中からちょっとつまらなくなる。
モームの一番のお気に入り作品だったらしい。@あとがき
ふうん。
イギリスの階級社会のえげつなさはなんとなくわかった。
書かれたのは1930年で、少し前の時代設定としても
貴族が食べられなくなっている時代であるようなのだが、
貴族が平民といっしょにいる場で、
「差別していませんよ」という思いを示すためにニコニコしたり。
あるいはいいところの生まれの子供が、
格下の大人に慣れなれしく話しかけられるたびにカチンと来たりする。
なんかリアルよ。

あとお茶が美味しそうだったなあ。

濃いおいしいお茶を飲みにおいで、などと誘われたりする。
バターやクリームたっぷりのスコーンなんかとね。

あと、お茶時はどうやら比較的人を訪ねやすいように読めた。
お茶の時間に突然訪ねたり、なんつー場面もいくつかあった。

そろそろお茶、という時間帯に訪問すれば
相手もティータイムが近づいてきて気持ちに余裕ができるころだし、
お茶をふるまってもらうぐらいなら相手に負担をかけないし、
なんとなく場もなごやかになる。
すてきな習慣だ。



38歳のときに書き始めたという『人間の絆』は
もうそれこそ、かつての自分の青春と挫折のすべて、心血注いだ大作だと思うが、
56歳の『お菓子とビール』は大人の余裕漂ってて
なんかつまんなかったなあ。

そういえば、64歳で書いたという自伝『サミング・アップ』も
自分語り強すぎて全然読めなかった。


日本の文庫版で手に入る程度しか読んでないが、
『人間の絆』以外は、上手なストーリーテラーだなあと思ってる。
それは浅い読書欲を満たしてくれる大切な要素だ。



〈朝〉ロッテリア
ソーセージロール
アイスコーヒー

ニンジンリンゴジュース


〈昼〉静岡 丸子亭@中野ブロードウェイ
ビール
黒はんぺん
昆布の佃煮
f0213602_0473226.jpg

麦とろ
麦飯
けんちん汁
まぐろのづけ
ひじき煮
たくあん
f0213602_0202526.jpg


〈おやつ〉ミスド
ドーナツ1.5個
アイスコーヒー


〈夜〉
そばがき
米粉パン バターつき
厚揚げ豆腐

スイカ
f0213602_0212050.jpg

実家から送られてきたスイカを食す。
中は真っ赤でジューシィ。


運動なし。
[PR]
by room2room | 2011-07-23 00:26 | 食べる飲む

7/21台風去る

〈朝〉築地の場外市場で
寿司(赤貝、づけ、すきみ、うに、サンマ、あなきゅう)
刺身(かつお、ひらめ、ミル貝)
あら汁

コーヒー
f0213602_802668.jpg

AM8:00 築地では昼にあたるそう。
仕事がひと段落して朝ごはん中の市場のおじさんたち。
みんながみんなスポーツ新聞を熱心に読んでる。


〈昼〉吉祥寺コパ
ハムエッグ
味噌汁
麦飯
もやしのおひたし
納豆
おからとひじきの煮物
サラダスパ
大根の浅漬け


〈夜〉
ご飯
納豆
きゅうりのぬか漬け


エステティシャンの卵の友達の練習台として
全身エステ2時間をみっちりやってもらって昇天。

ホットヨガ1時間。大量の汗。
身体が軽くなった。これから週1ホットヨガやります。




サマセット・モームの『お菓子とビール』(岩波文庫/行方昭夫訳)を読書中。
読む本があるだけで、あたしゃ幸福だ。

一時は文庫本でも2000-3000円ぐらいの高値が出てたけど、
ようやく新訳が出て、ふつうに出回るようになった。
『人間の絆』の行方訳も読んだ。
[PR]
by room2room | 2011-07-22 08:10 | 食べる飲む

セルフイメージ

最近、太ってきているらしい。
自覚はあんまない。


しかし、店で服を試着して


は い ら な い


ってことがふつーに多くなってきた。


Lが入らないってどゆこと?




「このサイズだとキツイかもー(チラッ」って言っても、


「お客さんなら細いからだいじょうぶですよ~」


て、言ってくれる店員さんが皆無になった。






人間は他者の存在によって、自分を知るのである。




何度かお仕事させていただいたことのある
スポーツライターの小林信也さんは
名著『カツラーの秘密』で、

ショーウインドに映ったハゲの自分に
セルフイメージがついていけない人の話が書かれていたけれども、
まさにソレである。


しかも、


これまで太るという経験をしたことがなかった私は

・・・痩せ方を知らないのである。
・・・食べたいものを我慢することがないのである。

デブが止まらなくなる可能性大。


ということで、

そろそろ引き返せなくなってきているっぽいので

恐怖の恥さらし食事運動日記をつけはじめます。。。
[PR]
by room2room | 2011-07-20 23:36 | 考えたこと

節電効果

――今年はアイスやアイスコーヒーがガブガブいける。

去年まではこういうのをとりすぎると
お腹が痛くなるから御法度だったのである。情けなっ・・


――今年は冷房対策のカーディガンがいらない。

電車の中とか映画館とかレストランが寒いことがあるので
はおり物はかなりの頻度で持ち歩いてた。

夏なのに、なんなの・・・。


今年はそんな矛盾がまるっと解決。



先日、100円ショップでアイスバー製造器?を買ってみた。
プラスティック容器にジュースとか入れてバーを入れて凍らせるアレである。

こどものころ、家にあったね。鉄かアルミの容器だったような。
あの頃はかき氷がメインだったのであまり使わなかった。


季節限定のパイナップルカルピスにてアイスの家内製造。
f0213602_12484525.jpg


カルピスなら濃いめに味をコントロールできるのでアイスに最適。
ガリガリ君みたいなシャリシャリ感でうまし。


食べ終わると、バーをゴミ箱に投げ捨てそうになる。




しかし、ほんとうに夏が暑くなった。
死者が多く出るレベルって…。


でも、一説によると、
全体としては、寒冷化に進んでいるそうです。
(と、植物の研究をしている大学院生に聞きました)


びっくりしてそのことを人に話したら、
「そうゆう説もあるらしいけど、やっぱり温暖化という話もあるよ」
とな。

あ、そうなん。


ようするにみんな〈わからない〉んですね。


自分たちが〈わかっている〉つもりのことでも
半分以上、もしかしたらもっと、7割ぐらいは
ほんとは全然わかってなーーいのかもしらん。


地動説を信じていた時代と、
そこらへんの感性はあまり変わっていないのかもしれません。
[PR]
by room2room | 2011-07-13 13:01 | 日常