<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

混迷のとき。

あれから、17日。


最初の混乱は抜けたものの、

希望的観測を見い出して元気になったり、

あるいは、

悲観的事実を見つけるたびに心乱されたり、


消費して仕事して経済を回すことが大事、

と日常に戻ろうとするたびに

日々更新される

被害の大きさや現状をつきつけられ、

そのはかりしれない大きさに打ちのめされたりする。


私たち日本人はすごい!と勇気づけられたり、

もうダメじゃないかね…とがっくりきたりする。



きっと、みんなそんな状況にあるんじゃないか、とおもう。



いろんなことがどこにいくか見えない。

きっと誰にもわからないのではないか、とおもう。


ただ、日常生活をおくることは

経済うんぬん効果よりも

どうやら私たちの心を救う確かな動きになるように思う。




あと、数年後かに、


あのときは大変だったね…でもよく切り抜けたね


って語ることができればとおもう。



f0213602_1754923.jpg

[PR]
by room2room | 2011-03-28 17:54 | 考えたこと

東日本大震災

微力ながら、日本赤十字社に寄付をしました。

被災地の人たちに一日も早く届きますよう。



被災地で救援活動にあたっている、あるいは原発で対策を講じている
自衛隊、消防、警察、自治体、東京電力、関連会社、海外の方々には
本当にいくら感謝しても足りません。

また、台湾の友達からもyour country can overcomeと励ましをもらいました。

こうした言葉が、いかに人を勇気と希望を与えるかを今回初めて知りました。

日本人として、できることをしていけたらと思います。



NHKラジオで

被災地のこどものために、とリスナーから
「アンパンマンのマーチ」のリクエストが入りました。

とても心に沁みいる名曲です。



アンパンのマーチ   作詞 やなせたかし 作曲 三木たかし

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも

何の為に生まれて 何をして生きるのか
答えられないなんて そんなのは嫌だ!
今を生きることで 熱いこころ燃える
だから君は行くんだ微笑んで。

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも。

嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為

何が君の幸せ 何をして喜ぶ
解らないまま終わる そんなのは嫌だ!

忘れないで夢を 零さないで涙
だから君は飛ぶんだ何処までも

そうだ!恐れないでみんなの為に
愛と勇気だけが友達さ

嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為

時は早く過ぎる 光る星は消える
だから君は行くんだ微笑んで

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえどんな敵が相手でも

嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為
[PR]
by room2room | 2011-03-16 14:59 | 考えたこと

ブスの本

人のことをブスだ、イケメンだと勝手に評していたら、

「おいブス、ブスの本をつくれ」

と天の声が。




というわけで・・・・

f0213602_21185669.jpg

ブスがなくなる日主婦の友新書


なぜ、ブスは街から激減したのか? 

女性たちはどうブスを克服したのか?

その背後にある男女の意識や価値観の変化、女の戦い、

時代の移り変わりを現代的な視点から語ります。

第1章・街からブスが消えた!
第2章・ブスと美人の歴史
第3章・ブスにはブスの生き方がある!
第4章・ブサメンに未来はあるか
第5章・女の美バトルは続く
第6章・見た目社会を生き抜く

著者は美容ジャーナリストの山本桂子さん。
VOCEやELLEなどの女性誌で活躍していて、
こうした近代女性にからめた美容論、また現代女性の美の論評にかけては
すごーく深い洞察力をもっておられます。

前著の『お化粧しないは不良のはじまり』を20代中ごろで読んで感銘を受け、
今回お仕事させていただきました。

とにかく最初から最後まであきない!面白い!

男性なら「そうか女性ってこうなんだ」
女性なら「あたしって…そうだったのね…」
といろいろ発見がありますよ。

一ライターとしても、こんな本が書けたらイイナーと思います。

3/5発売です!
[PR]
by room2room | 2011-03-02 21:25 | 仕事