<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

危機的なセレクト

f0213602_13361582.jpg


『努力しない生き方』桜井章一

けっして“努力しない”に惹かれたわけではない(言い訳)
麻雀の世界で20年間無敗という桜井氏。
なんだか無頼な、無重力な軽やかな生き方をしている人のような気がして
少し気になっていた。

本を開くと…
持たない
得ない
壁を越えない
頑張らない
悟らない
苦しまない
満たさない
正さない
覚えない

という、ないない尽くしの項目。

足していくことばかり考えてしまう毎日に
なくしてもいいものの存在を気づかせてくれる。


一番膝を打った言葉

「知識が多くて頭がいいなという人を見て自分を反省するようなことはないが、
 知識も何もない赤ん坊なんかを見ると自分の未熟さをつい反省したくなる。それが私の実感だ。」

友人や身内の赤ちゃんの無邪気なその姿を見ていると、
何やらこの子は私より“わかっている”のではないか
とふと思わされることがある。

努力の必要性も忘れたくないが、
さらに次の段階に待っているのは力の抜き方。
努力は、あくまで道具であると考えると、わかりやすいかもしれない。



さらにもう一冊。

f0213602_1348437.jpg

『折れない心の作り方』齋藤孝



『努力しない生き方』に『折れない心の作り方』。

努力せずにずうずうしく生きていかんかなとする
邪な心がみえみえなセレクトとなってしまった…。
そんなつもりじゃあ………ある。

というか、これは半分仕事で読んだ。


齋藤先生は「縁を大事にして」生きていくことを説く。

これも縁だと思って・・・の姿勢が
今ある環境も自分自身も受け入れて生きることにつながる。
本ひとつとっても縁を感じてその知識や思想を血肉にしていくことで
それが自分を支える礎になる。

自分、周囲の人、環境、出会い…それらの縁を
すなおに自分に取り込むことで心がしなやかに強くなる。

人は一人では生きていけない――そのことを知ることが強くなる一歩なのかもしれない。


この本の後半でイチローの話が出てくる。
たゆまぬ練習の鬼だったり、道具を毎日丁寧に手入れするのは有名な話だが、
さらには、
遠征先に枕やマッサージ器具をもっていくのはもちろん、
朝ごはんは毎日手作りのカレーと同じ、移動時間はつねに同じ曲を聴き、
ランチの店もつねに同じ。
シーズン中は人のバットのグリップは握らない。
自分の手の感覚が狂うから。

同じリズムでステップを踏みつづけることで、
自分の調子を維持する、平常心を生むシステムをつくる。

つまり、マウンドに立っていない時間まで
1日24時間が野球のリズムをつくるために費やされているんだね。

人はこれを努力というだろうが、イチローさんにしてみれば日常なのだろう。

齋藤先生は「習慣の技化」と呼んでいるが、
つまり、努力が習慣というレベルまで高められているのだと思う。
そのとき、もう努力ではない。
平常心で日常をおくっているだけである。


努力しないとはそういうことなのかもしれないと思う。
[PR]
by room2room | 2010-08-29 14:04 |

意外な名著

f0213602_1819590.jpg


心がラクになる後ろ向き名言100選 鉄人社

打ち合わせ前に時間があったので
涼を求めて飛び込んだコンビニで買ったワンコイン(500円)本。

ページごとにデザイン変えてあるし、
値段のわりに完成度が高い。


あとなぜか、後ろ向き名言なのに
心がラクになるというのはたしか…。

「~ねばならない」っていう縛りから解放されるかな。


::印象的だった名言::

「これ、凄くがんばってる人にはゴメンというしかないけれど、
 努力ってなんか下品。」 松尾スズキ


ひえー、全身努力の人といわれる私(大嘘)には、イタイお言葉。
「しどい!」って思いながら、なぜか共感。
努力、頑張るって、方向や量を誤るとうっとうしいだけのものになるね。



「気持ち悪いって言われることには慣れたけど、
 たまに死ねって言われるんだ。俺は言ってやりたいよ。
 こんな人生死んだも同然だってね。」江頭2:50


ネットの目撃情報によると、生エガちゃんってカッコいいらしいね。
江頭の芸風は大っきらいだが、最近きらいを通り越した。
いい歳して自分の捨て具合がすごい。それだけで一目置いてる。


「わたしは間違っているが、世間はもっと間違っている。」アドルフ・ヒットラー

怖い怖い。なんか一周して怖い。
世の中の半分はきっと間違いでできてる。
[PR]
by room2room | 2010-08-27 18:18 |

料理教室

先日、取材をかねて料理教室に参戦。
f0213602_187172.jpg
f0213602_1871646.jpg


以前、フランス家庭のおもてなし料理の教室を取材したことがありますが、
参加者にまぎれるのは初めて053.gif

案の定、女子度が高くて緊張するのでした。
[PR]
by room2room | 2010-08-27 18:07 | 仕事

若さの理由2

f0213602_8444847.jpg

スロトレの石井直方先生と、
体幹ランニングの金哲彦先生を取材させていただいた

ほんとうの時代』(PHP研究所)発売中です。

からだを鍛えることは、生きているかぎり永遠のテーマですね。

そうそう前回の若さの理由とは
「筋肉」だったのです。

筋肉を鍛え続けることで、脳や神経は若さを保ち続けることができる。
だから衰えを感じたら、まずは筋肉を鍛えること。
ごくシンプルです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回、「ほんとうの時代」では
『オモニ(母)』を書かれた政治学者の姜尚中氏のインタビューも掲載されています。

姜尚中氏のインタビューで触発されて、『オモニ(母)』を読みました。

物書きとはいえ、政治学者というご職業にありながらして
どうしてこれだけの文学作品が書けるのでしょう。

同じく母を描いた『東京タワー』のリリー・フランキー氏も
エッセイスト的な立場ですが
やっぱりよく書いておられました。

小説という体裁をとっているとはいえ、
作り話でない、生身の人間の生きた物語だからこそ
人の心にせまる文章と密度が奇跡的に生まれるのかもしれません。

彼らは今後、ふたたび小説を書く可能性は低いのではないでしょうか。



たとえ、“門外漢”であっても
母の物語と、母と子の物語を小説という形で
昇華させたいと思わせるのが、“母”の存在。



おかん文学という、ジャンルができそう・・・。
[PR]
by room2room | 2010-08-18 09:03 | 仕事

若さの理由

編集をお手伝いさせていただいた
f0213602_9242162.jpg

赤ちゃんはお腹の中で何をしているのか』(草思社)の打ち上げを新宿・樓外樓飯店にて。

著者の丸茂先生、8/18日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」にご出演なさるそうで
本もちこっと紹介していただけそうです。


丸茂先生、年齢のわりに(?)
すごく若々しく、青年のような先生なのですが、
この会食でその秘密があきらかに!


つづきは次回!(えっ!)
[PR]
by room2room | 2010-08-10 14:02 | 仕事