(なぜか)英語学習中2

アジョブでは2レッスン分の無料体験があります。

楽しく無料体験をして入会後、
さっそく
最初の(有料)レッスンからスランプに陥っていました。

それは、その回の先生のレッスンのほとんどが「例文」を読むものだったから。

ジムだかマリーだかの
どーでもいい中身ゼロの会話を
読まないといけないのが
死ぬほど苦痛でした。

おい!こんなん中学生でも読めるで!

今すぐ回線を切ろうかと思うほど
うんざりしました。

学校を出てから20年近く・・・。
「学習」にこんなにも耐性がなくなってしまいましたのね。


それがトラウマとなり、
ちょっとレアジョブアレルギー。
2週間以上放置して「やめようかなー」「うんやめるべき」などと
思いめぐらしていましたが、
「(お金を払ってしまった)今月分ぐらいはやらなきゃ」
と意を決してしぶしぶリトライ。

もうフリーカンバセーション・オンリーです。


すると、楽しいのなんのって。

なんでも・・・
フィリピンの次期大統領と目されているのは
イメルダ・マルコスの息子(現上院議員)だとか、

フィリピンは世界のコールセンターとなっているから
深夜労働の人も結構多いとか。
(マニラが眠らない街だったので聞いてみたのです)

プチ現地情報ですが、コールセンターの話は
うんうんうんと何度もうなづいてしまいました。
だってほんとに夜遅くまでジプニー(乗合バス)や車が走ってて
深夜になってもうるさいんですけど?!
って驚いたのだもの。
そうかそうか、そうだったのねーー

あとは

タイに行ったら、
あんまり海がキレイじゃないから残念だったとか

48歳独身の女の先生は、26歳のときにイケメンイギリス人に結婚申し込まれたけど、
仕事のピークを迎えていたから断ったとか

あ、これは単なるおしゃべりですが、

他の国のことを知るってワクワクするなあ。


もっといろんな国の人にその国のことを聞いてみたい。


は!(((゚ロ゚)))

英語ができれば、そんなの自由自在。
(ただし相手が英語を話せれば・・・)



ー伝えたいことがある、聞きたいことがある―
それが語学上達の近道なのである。キリッ

・・・と
たぶん1000万回は言われているであろう事実に気づいたのでした。


なるほど、なるほど。


さて!
はたして!
私が英語をペラペラと話せる日は来るのでしょうか。












[PR]
by room2room | 2015-06-19 08:36 | 日常


<< 脳のメカニズム (なぜか)英語学習中1 >>